BLOG

相続分の譲渡をした場合の課税関係

Tags:

遺産分割協議前であれば、相続人は他人に自分の相続分を譲渡することができます。

その場合の課税関係として、
たとえば、相続人AB、第三者C のケース

① AからBに、相続分の贈与
 A:課税無し
 B:自分の相続分+もらった相続分 に 相続税

② AからBに、相続分の売買
 A:売却代金 に 相続税
 B:自分の相続分+買った相続分-売却代金 に 相続税

③ AからCに、相続分の贈与
 A:自分の相続分に 相続税
 B:もらった相続分に 贈与税

④ AからCに、相続分の売買
 A:自分の相続分に 相続税+譲渡所得税(不動産)
 B:課税無し(売却代金が極端に安い場合は 贈与税

③と④の場合は、Aは遺産を一旦相続して、それをCに譲渡したイメージですね。

プラスカフェ 司法書士 山森貴幸

TOP