BLOG

「剰余金の配当」を原因とする所有権移転登記

会社は、剰余金の配当として、金銭以外の財産を現物配当することができます(会社法454条)。
配当される財産は、交付することを要するとされるので、不動産であれば引渡日が所有権移転日となります。
登記原因は、年月日剰余金の配当です。
登録免許税率は、1000分の20です。
現物配当の場合、株主の有する株式及び種類に応じて割り当てられ、株主総会決議によることとなります。

プラスカフェ 京都
 相続 会社設立
司法書士 山森貴幸

TOP