BLOG

代襲相続人の相続分

Tags:

民法901条
  ↓
(代襲相続人の相続分)
 第887条第2項又は第3項の規定により相続人となる直系卑属の相続分は、その直系尊属が受けるべきであったものと同じとする。ただし、直系卑属が数人あるときは、その各自の直系尊属が受けるべきであった部分について、前条の規定に従ってその相続分を定める。
 前項の規定は、第889条第2項の規定により兄弟姉妹の子が相続人となる場合について準用する。

代襲相続人の相続分は、被代襲者の受けるべきであった相続分となる。
代襲相続人が数人あるときの各自の相続分は、被代襲者が受けるべきであった相続分を法定相続分の割合で分けた相続分となる。

プラスカフェ 司法書士 山森貴幸

TOP