BLOG

不動産を代表取締役である株主へ現物配当

一瞬変な疑問が頭をよぎったのですが、剰余金の配当として不動産を 代取である株主 へ交付する場合、利益相反取引には該当しないのか。

剰余金の配当は取引ではないし、会社内部における利益の分配ですので、当然該当しません。
よって、利益相反の承認議事録も不要です。

プラスカフェ 京都
 相続 会社設立 
司法書士 山森貴幸

TOP