BLOG

「遺贈」と「相続」の登記の申請順序に注意

Tags:

(遺言書の内容)
不動産の持分2分の1は相続人 Aに相続 させ、残りは相続人ではない Bに遺贈 する。

この場合、「遺贈」で所有権一部移転登記を申請した後に、X持分全部移転の「相続」登記を申請する(登研523)。つまり、必ず 遺贈 ⇒ 相続 の順番で登記申請しないといけないのです。

理由としては、相続人1名が自己の相続分のみの相続登記を申請することはできない(昭30.10.15民甲2216)とされているからです。

プラスカフェ 京都
 相続 会社設立 
司法書士 山森貴幸

TOP